FX超初心者ガイド

「外国為替証拠金取引=FX」を0から学ぶ。はじめてのFXにチャレンジ!

HOME > 初心者編 > FXの注文方法

FXの注文方法

FXの魅力の1つとしていえるのが、様々な注文法があることです。

株取引と同じく、成り行き、指値、逆指し値という方法の他、
あらかじめ注文と決済を同時に発注できる方法などもあります。

注文入力はいたって簡単ですので、何度か実践すれば自然に覚えられるようになるでしょう。
でも、慣れはミスの元ですので、入力後は必ず『注文確認画面』をチェックして、間違いのないように!

もしも・・を狙うIFD注文

イフダン注文

IFD注文は、順位のある2つの指値注文を同時に出して、
1つ目の注文が約定後に自動的に2つ目の注文を有効にしたいときに使うものです。
「もしもう少し値上がりしたら売り、下がったら買い戻したい」あるいは、
「もう少し安くなったら買い、値上がりしたら売りたい」ときに利用します。
この注文方法を知っておくことで、損切りの対策もできます。

二つのシナリオで攻めるOCO注文

オーシーオー注文

OCO注文は2つの指値注文を同時に出した時に、
一方の注文が約定したらもう一方は自動的にキャンセルするという方法です。
「上がったら買いたいが、下がっても買いたい」という微妙な局面で利用できます。
この方法は、やはり損切りのための方法。指値注文と逆指値注文のセットとでもいえるでしょうか。

究極の自動売買IFO注文

アイエフオー

一番安心な注文方法はIFO注文。
この注文方法は、IFD注文とOCO注文のコラボレーション注文なのです。「現在よりも相場が下がったら新規買い。さらに、相場の行き先を2通りにらんで決済注文をしたい」といったときに利用できます。この注文方法を使えば、円安で設定した値段で自動的に利益が確定できるし、反落したときも損失を抑えることができます。

なんとも安心で魅力的な注文方法ですね。

Copyright © 2010 FX超初心者ガイド All rights reserved